ステロイド外用剤について

 

 

多種多様な種類が使用されていますが、その選択をいかに行うかがまず問題になります。
詳細は、下記ステロイド外用剤のランクをご確認してください。

 

・ストロンゲスト

プロピオン酸クロベタゾール(デルモベート)
酢酸ジフロラゾン(ジフラール、ダイアコード)

 

・ベリーストロング

フランカルボン酸モメタゾン(フルメタ)
酢酸プロピオン酸ベタメタゾン(アンテベート)
フルオシノニド(トピシム)
ジプロピオンさんベタメタゾン(リンデロン)
ジフルプレドナード(マイザー)
プデソニド(ピスダーム)
吉草ジフルコルトロン(テクスメテン、ネリゾナ)
酢酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(パンデル)

 

・ストロング

プロピオン酸デプロドン(エクラ―)
プロピオン酸デキサメタゾン(メルデルム)
吉草酸デキサメタゾン(ボアラ、ザルックス)
ハルシノニド(アドコルチン)
吉草酸ベタメタゾン(ベトネベート、リンデロン)
プロピオン酸べクロメタゾン(プロパデルム)
フルオシノロンアセトニド(フルコート)

 

・ミディアム

吉草酢酸プレドニゾロン(ロドミックス)
トリアムシノロンアセトニド(レダコート、ケナコルトA)
ピパル酸フルメタゾン(ロコルテン)
プロピオン酸アルクロメタゾン(アルメタ)
酢酸クロベタゾン(キンダベート)
酢酸ヒドロコルチゾン(ロコイド)
デキサメタゾン(デカターム)

 

・ウィーク

プレドニゾロン
酢酸ヒドロコルチゾン(コルテス)